20-1. アラカシ シラカシ ウラジロガシ

 
 アカガシ亜属のドングリの中で、アラカシとシラカシ、そしてウラジロガシの3種類は堅果の形が非常に良く似ており、外観だけでこれらを識別するのは難しいように思われるかもしれません。ところが、これらの3種類の堅果にはそれぞれの花柱やその周辺の構造に特徴があるので、それらを把握していれば100%識別が可能です。

 まずは、アラカシの花柱とその周辺部分の特徴について見てみましょう。図20-1-2に、アラカシの花柱の周辺構造の形態例を示します。いずれも、花柱の周辺の首から肩にかけての果皮に薄い輪状の文様があります。アラカシの堅果は、(a)や(b)のように首から肩にかけてなだらかなカーブを描くものがほとんどですが、中には(c)や(d)のように輪状の文様の部分が肩から突出して、首の部分がまるで堅果から独立した構造物のように見える形態もあります。以下、便宜上この突出部分を多重輪状突起物と称することにします。

 次に、シラカシの花柱その周辺部分の特徴について見てみましょう。図20-1-3に、シラカシの花柱の周辺構造の形態例を示します。一般に、シラカシの堅果の首から肩の辺りには、白くて細かい毛が生えています。この毛はアラカシには見られない(*)ので、毛の有無が両者を識別する一つの要素になります。但し、全てのシラカシに毛があるという訳ではありませんので、これだけでは両者の識別方法としては不十分です。
* 肉眼では確認しづらいですが、ミクロスケールで見るとアラカシの首の辺りにも僅かに毛があります。
 他の識別材料として、多重輪状突起物の形態が挙げられます。アラカシでは特定の個体でしか見られませんが、シラカシでは全ての個体にこの構造物が共通して見られます。これは両者に見られる特徴なので、明確な識別要素には成り得ないように思えますが、アラカシとシラカシではこの部分の外観に決定的な違いがあります。
 それは、アラカシにはこの突起物の表面に果皮と同様の光沢が有るのに対して、シラカシにはそれが無いという点です。シラカシはこの部分に微細な毛が生えていたり、リングの間隔が非常に狭く密であることから、くすんだ様に見えます。
 以上、これらの点に着目すれば、アラカシとシラカシの堅果の識別が可能です。

 最後に、ウラジロガシの花柱の特徴について見てみましょう。図20-1-4に、ウラジロガシの花柱の周辺構造の形態例を示します。ウラジロガシの花柱の周辺構造はシラカシのそれと酷似していますが、両者には一つだけ大きく異なる点があります。それは、ウラジロガシの花柱はシラカシのものと比べて1本1本が極めて繊細であることです。また、果皮から露出している花柱は各々が分離して、外向きに反り返っています。

 花柱の繊細さを具体的な数値で表現することは出来ませんが、図20-1-1にある典型的なシラカシとウラジロガシの堅果の花柱を御覧になれば、このような感覚的な表現でも十分に両者を識別する要素に成り得ることがお判り頂けると思います。

 最後に、3種類の堅果の識別方法をフローチャートにまとめます(図20-1-5参照)。

関連記事
・ セクション8 ドングリ雑記 雑記11: アラカシとシラカシのドングリの識別方法