ケース8. ヘソから首まで伸びた細長い堅果 その2

 ケース4は、堅果の表面にある物体が第2の堅果なのか、あるいは果皮の一部が隆起したものなのか、非常に判断しづらい例でした。それに比べて、図17-1-8-1にある細長い物体は、紛れも無く第二の堅果です。各部を拡大してみると、細長い物体の上下端には、明らかにへそと首が存在します。

 恐らく、第二の堅果には、成長に必要な維管束のパスが非常に小さかったんでしょう。にも関わらず、首の先までがはっきりと確認できる状態まで立派に成長しています。これよりも、さらに維管束のパスの割り当てが小さくなると、ケース4の第2の堅果のように、へそや首が判別出来ないような堅果になるんだと思います。