ケース5. 堅果の肩の辺りに形成された殻斗 その1

 驚いたことに、堅果の肩の辺りに貼り付くようにして小さな殻斗が形成されています(図17-1-5-1参照)。殻斗本体から空間的に分離されたところに、新たな輪状殻斗が形成されたドングリを見たのは、これが初めてです。

 よく見ると、殻斗本体から小さな殻斗に至るまでの果皮に、細かい毛の様なものがびっしりと付着しているので、両者は完全に分離している訳では無いのかもしれません。果皮に埋没しているか、果皮と同色で区別がつかないだけで、細かい毛の下には殻斗本体から延伸した維管束が通っているのかもしれません。

(追記)
 その後の調査で、殻斗から離れた堅果の表面に形成された小殻斗は、殻斗の内側から延伸した果軸に着いた幼果(堅果は退化消滅)であることが判りました。詳細は、セクション8の雑記303を参照願います。