ケース4. ヘソから首まで伸びた細長い堅果 その1

 
 図17-1-4-1は、あるドングリを色々な角度から撮影したものです。へその一端から首に至るまでの果皮には、細長い物体が癒着しています。また、この物体の末端部分は、花柱の周辺で複雑に捩れています。この末端部分にある物体は、パッと見には小さな殻斗の様にも見えますが、実は首の周辺に見られる細かな白い毛がこびり付いているだけです。恐らく、この細長い物体は堅果本体に付随したもう1個の堅果かもしれません。

 ただ、この細長い堅果の末端部分には花柱の存在が確認できないので、もしかすると殻斗の一部分の構造欠陥によって、その部分の果皮だけが異常に盛り上がった結果、細長い堅果のように見えているだけなのかもしれません。