ケース3. 殻斗に付随した奇妙な物体 その2

 図17-1-3-1は図17-1-2-1と同じように、あるドングリから堅果を取り外して殻斗だけを撮影したものです。殻斗本体の裾の部分に明らかにもう1つの小さな殻斗があります。離層の痕跡と小さな殻斗の間には細長い棒状の物体が介在しています。実際にこの部分に触れると、この細長い物体と小さな殻斗は、その一端が離層の痕跡部分と繋がっているだけで、殻斗本体からは完全に分離しています(この部分だけ取り外すことが可能)。

 ドングリを構成する各パーツの位置関係から考えると、ケース2と同様に、この棒状の物体を堅果と見なすには無理があります。おそらく、小さな殻斗に養分を供給する為に、果軸から殻斗本体の内側を通ってその裾部分に形成された小さな殻斗まで延伸した維管束がその正体であると私は考えています。

(追記)
 その後の調査で、殻斗本体の裾にできた小殻斗は、殻斗の内側から延伸した果軸に着いた幼果(堅果は退化消滅)であることが判りました。詳細は、セクション8の雑記303を参照願います。