ケース2. 殻斗に付随した奇妙な物体 その1

 図17-1-2-1は、あるドングリから堅果を取り外して殻斗だけを撮影したものですが、その内側に異様な物体が見られます。離層の痕跡が捩れた殻斗のようなものに向かって伸びており、その中間には瘤状の物体が介在しています。
 この瘤状の物体は離層の痕跡と繋がっている事から、たぶん堅果のようなものだと思われます。ただ不思議なのは、これが堅果だとすると、その両端に殻斗が存在することになります。これはドングリの基本構造と矛盾しています。
 
 ここで、この物体を特定する前に、これと類似した構造のケース3をご覧下さい。

(追記)
 その後の調査で、殻斗本体の裾にできた小殻斗は、殻斗の内側から延伸した果軸に着いた幼果(堅果は退化消滅)であることが判りました。詳細は、セクション8の雑記303を参照願います。