ケース11. 押し潰されたような殻斗

 図17-1-11-1の殻斗は、側面から “ ぐぃっ!” と押し潰されたような形をしています。角度によっては、変形箇所が豚の鼻のようにも見えます。殻斗の内側を見ると、殻斗と堅果を繋いでいた部分(離層の痕跡)が、変形箇所まで引き寄せられるように伸びているのが判ります(図17-1-11-2参照)。
 たぶん、この殻斗は外的要因によって潰されたのではなく、2果として発現した内の1個の雌花(幼堅果)が退化消滅したせいで、きれいな輪状構造を形成することが出来なかったのでしょう。