ケース1. 堅果を包含しない輪状殻斗

 図17-1-1-1は、殻斗本体にもう1つの小さな殻斗が付随した2果のドングリです。(a)のドングリは、セクション3-1-3で分類した2果のType4に該当します。
 通常、小さい方の殻斗は、堅果の成長に必要な養分の通り道である維管束を確保する為、殻斗本体の頂上(果軸との接続箇所)に近いところに形成されます。殻斗の真ん中から花柱が顔を覗かせていることから、小さいながらも堅果を包含した立派な殻斗であり、当然の事ながらここには維管束も通じています。

  一方、(b)のドングリには、珍しいことに殻斗本体の裾の部分に小さな殻斗が形成されています。拡大してみると、殻斗の輪状構造がはっきりと判りますが、堅果は包含していません(図17-1-1-2参照)。
 
 この殻斗から堅果を取り外して内側を見ても、小さな殻斗に維管束が通じているようには見えませんが、恐らく、果軸と殻斗の接続箇所付近で分岐した細い維管束が、殻斗本体の内部を通って直接この小さな殻斗まで達していると考えられます。