ケース2. 針の様に細長い堅果

 図17-2-2-1は、3果の幼果を構成する堅果の1個が、針の様に細長い形をしたものです。この細長い堅果は、セクション17-1 のケース6で紹介したものと同じですが、3果でも同様の形態のものが発現することが確認できました。

 この細長い堅果を殻斗から引き抜いてみると、図17-2-2-2のような形をしています。左側の黒っぽく見える部分は、殻斗の組織の中に埋没していた部分です。この部分は、殻斗内を貫く維管束そのものか、あるいはその一部が堅果だと思われますが、ドングリの成熟の証とも言えるへそ(離層の痕跡)はありません。