ケース1. 三角形状に並んだ3個の堅果

 通常、コナラ属の3果のドングリは、1つの殻斗に包含された3個の堅果が横一列に並びます。ところが、3個の堅果が三角形の頂点の位置に相互に密着して並ぶものが、極めて稀に存在します(図17-2-1-1参照)。

 この図は、開花から僅か2ヶ月程で落下した3果の幼果です
(*)。幼果とは言え、このような形態のものは、余程の僥倖に恵まれない限り目にすることはありませんが、私はこれまでに二度も遭遇しました(図17-2-1-2参照)。
* セクション8 雑記046に関連記事があります。

 これらの幼果は、いずれも4果以上の多果を多く発現したシラカシの個体(セクション15の表15-2にあるシラカシAとシラカシB)で見つかりました。4果以上の多果は、殻斗内の堅果の配列がランダム(一直線に並ばない)なものが多い(**)ことから、これらのドングリを生み出す個体は、3果のに対しても、他の個体に比べて花原基の配列の自由度が高いのかもしれません。
** セクション15-3〜5にある高次の多果の実例をご覧下さい。