13-3. 果実の成長の推移

 セクション13-2で、果実が成熟するまでの形態変化について見ました。ここでは、果実の成長過程を具体的な数値で表した結果を御紹介します。
 果実のスケールを表すのに、横幅を殻斗の直径、高さを殻斗の付根から花柱の先端部分までの長さと定義し、毎回ノギスで計測しました(図13-3-1参照)。結果を表13-3-1〜表13-3-3にまとめます
(*)

* 1つの果実だけでは、成長過程における不慮の事故で欠損した場合にデータが途切れてしまいますので、実際には4つの果実について同時に計測しました。幸い4つとも無事に成熟し、そのぞれの数値は多少前後するものの、全ての同じ傾向を示していましたので、その中の代表的なものを1つだけピックアップしてグラフ化しています。


 表13-3-1は、果実の寸法の推移です。横軸は測定日で、縦軸はその時の横幅 [ =W(T)] 、と高さ [ =H(T) ] です。横幅と高さを表す記号に(T)が付いていますが、これは両者が時間(日数)と共に変化する関数であることを表しています。
 この表から、果実が成熟する約2ヶ月前に、横幅方向の伸長がほぼ停止し、以後半月間に渡って高さ方向のみが急速に伸長することが判ります。

 表13-3-2は、表13-3-1の横幅と高さの数値から、縦軸のみを両者の比(=H/W)に変換したものです。H/Wの値が1.0に近い程、高さと横幅の寸法が同じであることを表しています。
 この表から、果実が成熟する約2ヶ月前までは、横幅と高さがほぼ同じ程度に成長していることが判ります(**)
** 表13-3-3からも、果実が等方的かつ等速度で成長していることが判ります。

 表13-3-3は、表13-3-1の高さと横幅の数値を計測期間内の日数で微分して、各期間毎の成長速度を導出したものです。横軸は日付で、縦軸は高さ方向の成長速度 [ =dH(T)/dT ] と横幅方向の成長速度 [ =dW(T)/dT ] を表しています。
 この表から、果実が最も伸長するのは、果実が成熟する2ヶ月〜1ヶ月前にかけての約1ヶ月間であることが判ります。表中、11月以後に成長速度が負の値を示しているのは、果実が茶色く変色する(成熟する)につれて、若干縮小することを意味しています。

 ドングリ関連の文献では、“ 果実は横方向に拡張してから縦方向に成長する ” というふうに記載されており、あたかも、成長初期段階で横方向のみに選択成長しているかのような印象を受けますが、実際のところは、“ 縦横等方的に成長して、横方向の伸長が停止した後も高さ方向に成長を続ける ” と言った感じです。
 果実の拡張を他の事柄で例えるならば、子供の頃によく遊んだ細長い風船に空気を入れた時に膨らんでいく様子が正にそれです。

 また、“ ドングリが最も大きく成長するのは夏季期間である ” というふうに記載された文献がありますが、これが正しくないことは上表を見れば明らかです。夏季期間に成長が著しいドングリは、クヌギやコナラ等の10月頃に果実が成熟するもの(成熟する2ヶ月前は夏真っ盛りの8月です)に限定されており、11月以降に成熟するものは9月〜10月頃に成長のピークを迎えます。
(注) このセクションに記載されている写真等の無断転載はご遠慮下さい。