13-1. ドングリの花

 ドングリを結実するブナ科の樹木は、ここで紹介するアラカシを含めて、同じ株に雌花と雄花をもつ雌雄同株です。雄花は下垂した尾状花序 [ 図13-1-1左側 ] (*)、雌花は直立した穂状花序 [ 図13-1-1右側 ] (**)です。それぞれの花の部分を、図13-1-2と図13-1-3に拡大表示します。

 図13-1-2は、雄花序を実体顕微鏡で拡大撮影したものです。左側の状態から1週間前後が経過すると、右側のように葯が黒く変色し、内部にある花粉が放出されます。

 図13-1-3は、雌花序を実体顕微鏡で拡大撮影したものです。雌花は子房下位構造で、子房を被覆している花被片がそのまま残って堅果の最表面層を形成します。
 
また、子房の先端にある先が3つに分かれた花柱は、成熟するにつれて黒く変色し、堅果のへその対向部分にある小さな突起として残ります。

 * 尾状花序 : 穂状花序の一形態で、無柄の単性花が密生、下垂したもの

** 穂状花序 : 多数の無柄の花が、直立した花序軸にほぼ均等についたもの
(注) このセクションに記載されている写真等の無断転載はご遠慮下さい。