クヌギ (Quercus acutissima)

落葉高木で樹高は15〜20m。2次林の代表的な樹木である。かつては薪炭材として利用されていたが、現在では主にシイタケのほだ木として利用されている。東北地方〜九州まで分布。