11-3. コナラ属に見る殻斗の鱗片構造

 ドングリの帽子(殻斗)は、属によって外観や構造が大きく異なります。セクション10では、最も帽子らしい形をしたシラカシの殻斗を紹介しましたが、ここでは帽子のイメージとは大きくかけ離れた、ブナ(ブナ属)、スダジイ(シイ属)、クリ(クリ属)の殻斗について、それらのディティールをご紹介します。

・ 同じ種類でも個体差があるので、ここで例に挙げているものと他の個体から採集したものとでは、微妙に異なる点があることが予想されます。
・ ある部分を顕微鏡で拡大する場合、その部分を囲んだ枠の色と同色の枠で拡大した写真で表示しています。

ブナ( Fagus crenata)

 2個の堅果を包含した殻斗は4つに分裂します(*)。殻斗の内側と外側(特に内側)は、10〜20μm径の細かな毛で覆われています(図11-4-1参照)。特に外側は、細かな毛以外に小さな葉っぱに似たもの(図中:葉状体と記載)が多数見られます。図11-4-2は、それを拡大したものです。
* 堅果を1個だけ包含した殻斗については、3つに分裂します。

 葉状体の片面は、およそ10μm径の細くて長い毛で覆われています。葉状体は、同じ殻斗の中でも幅が狭いものや太いものが混在しています(**)
** この葉状体が鱗片葉であることは、セクション8の雑記272で実証済です。

 図11-4-3は、殻斗内部にある維管束の様子を表しています。4裂した殻斗を輪切りにすると、殻斗の柄を貫く維管束は、まず殻斗と堅果との接続箇所(図中:離層痕跡と記載)に集結し、そこを起点に殻斗の内側(内壁)に沿って先端部分にまで伸びています。その途中で、殻斗の外側にある葉状体に分岐しています。


スダジイ( Castanopsis sieboldii)

 殻斗は2〜3つに分裂しており、外側は5〜10μm径の短毛、内側は10〜15μm径(平板もしくは楕円形も有)の長毛で覆われています(図11-4-4参照)。殻斗の外側に見られる瓦様のものが鱗片です。

 
 図11-4-5は、殻斗内部にある維管束の様子を表しています。殻斗の内外を覆う表皮組織を剥離すると、その中に0.3mm程度の幅をもつ太くて長い維管束があります。これらは、殻斗の柄から分岐したもので、そこから殻斗の先端部分まで伸びています。スダジイでは、ブナの殻斗の内部を走る維管束に見られるような、殻斗の外側表面(葉状体)への分岐は見られません。

クリ( Castanea crenata)

 殻斗は2〜4つに分裂します。殻斗の内側には、5〜10μm径の細かな毛が密生しています(図11-4-6参照)。一方、外側は鋭い棘で覆われており、棘の根元とその周辺領域だけに、短毛があります(図11-4-7参照)。また、殻斗の表面から突出した直径600μm前後の棘は、その先端に至るまでに複数回分岐しています。

 クリの殻斗の表面から棘を取り除くと、図11-4-8のような状態になります。その姿は、図11-4-1にあるブナの殻斗とそっくりです。棘を取り除いた後に棘の突出箇所を数えてみると、殻斗のサイズが大きいもの程その数が多いことが判ります。
 図11-4-8の左側は野生種、右側は栽培種(標準サイズ)のものですが、突出箇所の数は倍以上違います。1箇所から突出した棘は相当数に分岐していることから、栽培種でも巨大なクリの殻斗になると、1万本近くの棘があることになります。

 
 図11-4-9は、殻斗内部にある維管束の様子を表しています。ブナやスダジイの殻斗と同様に、殻斗の柄から堅果との接続部分(図中、離層痕跡と記載)まで太い維管束があります。一方、棘の断面を見てみると、全ての棘(分岐したものを含む)の内部には、顕微鏡で十分確認出来る大きさの維管束があります。

 殻斗の内部を解体すると、棘の中を通っている維管束と殻斗の付根にある太い維管束が繋がっている様子が観察出来ると思ったのですが、予想に反して、両者が繋がっている様子は全く見られませんでした。
 非常に不可解ではありますが、両者は不連続なのかもしれません。殻斗の解体方法に問題があると思って、様々な方法で何度もトライしてみたのですが、やはり同じ結果しか得られませんでした。
 両者の中間部分には、毛細血管のように細かな維管束が張り巡らされているのかもしれません。