11-3. コナラ属に見る殻斗の鱗片構造

 ドングリの帽子のことを殻斗と言います。殻斗の中でも、一番帽子のイメージに近いのはコナラ属のものでしょう。殻斗の形態はドングリの種類によって様々ですが、これらの違いは殻斗の表面を覆っている鱗片の構造の違いによると思われます。
 このセクションでは、コナラ属の中でも特徴的な鱗片構造をもつアベマキ、カシワ、コナラ、ウバメガシを例に挙げて、それらのディティールを御紹介します。

・ 同じ種類でも個体差が大きいことから、ここで例に挙げているものと他の個体とでは、微妙に異なる点があります。
・ このセクションでは、コナラ属の中でも形態に特徴のあるコナラ亜属の殻斗を取り上げています。アカガシ亜属の殻斗については、1例ではありますが、セクション10でシラカシのものを掲載していますので、そちらを御覧下さい。
・ ある部分を顕微鏡で拡大する場合、その部分を囲んだ枠の色と同色の枠で拡大した写真を表示しています。

・ アベマキ ( Quercus variabilis )

図11-3-1. アベマキの殻斗の鱗片構造

 太くて硬く、そして長い鱗片です。表面部分は、全体的に太さ10ミクロン前後の細かい毛で覆われていますが、部位によって毛の濃淡が異なります [ 図(c)参照 ] 。鱗片の切断面は、基本的に三角形 [ 図中(d1)参照] もしくは四角形 [ 図中(d2)参照] ですが、個体によっては凹凸が激しく、複雑な形をしたものもあります [ 図中(d3)参照] 。


・ カシワ ( Quercus dentata )

図11-3-2. カシワの殻斗の鱗片構造

 薄くてしなやかで、そして長い鱗片(*)です。鱗片の上面は、太さ10ミクロン程度の細くて長い毛で覆われていますが、背面には毛がありません。また、肉眼では平べったい鱗片に見えますが、その切断面を電子顕微鏡で拡大すると、鱗片の上面の中央付近を頂点とする三角形状であることが判ります。

* セクション2で紹介したような、鱗片が極端に短い殻斗もあります。

・ コナラ ( Quercus serrata )

図11-3-3. コナラの殻斗の鱗片構造

 小さな三角形、もしくは台形状の鱗片が殻斗本体に密着しています。鱗片の上面は、5ミクロン程度の細くて短い毛でびっしりと覆われていますが、背面には他の種類のドングリと同様に毛がありません。


・ ウバメガシ ( Quercus phillyraeoides )

図11-3-4. ウバメガシの殻斗の鱗片構造

 鱗片は小さな三角形で、その先端部分に0.5mm角サイズの赤黒い物体が付着しています。これはウバメガシの殻斗の鱗片に特有のもので、他の種類では見られません。この赤黒い物体には、両面共に全く毛がありませんが、これ以外の部分は太さ5ミクロン程度の短くて縮れた毛で覆われています。