殻斗  〜内壁〜


 図10-B-1と図10-B-2は、殻斗の内壁(=内側表面)を拡大撮影したものです。外壁と同様に内壁も細かな毛で覆われています。内壁の毛の方が、外壁の毛よりもやや太い(=5〜10ミクロン)です。

 
 図10-B-3は、殻斗と枝の接続部に当たる箇所(殻斗の頂点)から、殻斗を真っ二つに切断した面を拡大撮影したものです。左下の写真を見ると、殻斗の頂点から堅果と殻斗の接続部分に当たる離層の痕跡までが、太い通路で繋がっています。この通路は、ドングリの成長に必要な栄養分や水分を供給する維管束です。

 余談になりますが、同図の赤色の枠で囲んだ部分を電子顕微鏡で拡大してみると、ある事に気が付きました。殻斗の内部構造を観察する為に、剃刀等で機械的に切断すると、細胞壁を破壊してしまうので、あるがままの組織の状態を観察することが出来ません(図10-B-4:左側参照)
(*)。ところが、離層の痕跡部分の表面を見ると、そこには殻斗の内部構造をそっくりそのまま移築したかのような状態であることが判りました(図10-B-4:右側参照)。
 たぶん、離層の痕跡部分は殻斗と堅果の接続部分が自然に分離したところなので、内部の組織がそのままの状態で表面に残存しているのでしょう。この部分は、殻斗の内部組織を非破壊できれいに観察出来る、唯一の場所と言えるでしょう。
* 集束イオンビーム等で切断すると、内部組織を無暗に欠損させることなく断面サンプルを作製することが出来ます。しかしながら、数100ミクロンスケールのものを加工するには膨大な時間を要しますので、現実的に不可能です。ここでの断面サンプルの作製には、全て剃刀等の刃物による機械的な切断方法を採用しています。