9-2-1. 殻斗に寄生するタマバエの仲間

◎ ドングリの種類
 このタマバエの幼虫は、正確には殻斗ではなく、殻斗と堅果の接続部分に寄生します。これまでに、マテバシイ、オキナワウラジロガシ、ツクバネガシの3種類で確認しています。

◎ 寄生の形態
 このタマバエの幼虫は虫瘤を形成しません。樹上にドングリが結実する前から殻斗と堅果の接続部分に寄生して、そこから堅果の成長に必要な養分の一部を摂取して成長すると考えられます。ですから、この幼虫が寄生しても、種子の成長が阻害されることはありません。

 図9-2-1-1は、マテバシイの樹上から採取したやや未熟なドングリから殻斗を取り外した時に現れたタマバチの幼虫です。やや未熟というのは、殻斗と堅果が完全に分離しておらず、殻斗から堅果を取り外すのにかなりの力を要したからです。このドングリの中には、体長が2mm前後の幼虫が全部で6匹いました。堅果を取り外した直後は、全ての幼虫の半身が堅果のへその中に埋没していました。

 一方、図9-2-1-2は、マテバシイの樹下に落ちていたドングリから殻斗を取り外した時に現れたタマバチの幼虫です。このドングリの中には、18匹もの幼虫がいました。マテバシイのドングリに寄生したタマバエの幼虫は、ほとんどが樹上に結実したドングリの中から見つかっており、落下したものから現れたのはこれが唯一です。このドングリは、殻斗と堅果が強固に癒着しており、両者を分離するのに相当な力を要しました。

 マテバシイの樹上に結実したドングリでも、成熟して殻斗から堅果が容易に分離できるものに幼虫はおらず、前記のように殻斗と堅果が多少癒着して分離しにくいドングリの中に、稀に1〜2匹が潜伏していました。
 こういった状況から判断すると、この幼虫はドングリが成熟して殻斗の内側に離層(殻斗と堅果の分離層)が形成される頃になると、殻斗と堅果の隙間から外部に脱出するのではないかと考えられます。樹上や樹下で殻斗と堅果がくっついたままのドングリに潜伏していた幼虫は、たぶん殻斗と堅果が癒着していたせいで、脱出できなかったんだと思います。


◎ 蛹

 図9-2-1-4は、マテバシイのドングリから現れた幼虫が10日程で蛹化した姿を撮影したものです。タマバエの専門家に確認していただいたところ、“ 蛹の頭部に顕著な突起が見られないのは、虫瘤内で蛹化するタマバエとは明らかに異なっており、虫瘤から幼虫が脱出して、地中で蛹化するタマバエの蛹に似ている ” との事でした。

◎ 成虫

 これまでに、タマバエの羽化に成功したのはマテバシイだけです。いずれも、9月中にドングリから現れたもので、10月以降に現れたものは羽化しませんでした。
 図9-2-1-6は、マテバシイのドングリから現れた幼虫が10日程で羽化した姿を撮影したものです。タマバエの専門家に確認していただいたところ、これまでに見たことがない珍しい種類との事でした。


◎ 産卵
 いつごろ、どのようにしてドングリに寄生するのか、まだ何も解っていません。

◎ 補記

 上記以外にも、マテバシイのドングリに寄生するタマバエの幼虫がいます(図9-2-1-7参照)。寄生部位は前段のタマバエと同じで、体長は2mm程度です。詳しい生態については不明です。