雑記008. 2009.11.20
“ 鮮烈な色彩 〜 ウォーターオークの種子 〜 ”
 先日、自室でドングリの整理をしていた時に、過って床に置いていたウォーターオークのドングリを踏んずけて割ってしまいました。採集してきたばかりのドングリなのでとてもショックでしたが、それらを片付けるために拾い上げた時、割れた殻(果皮)の隙間から見えた種子の色に、目が釘付けになってしまいました。なんと、ウォーターオークの種子は目にも鮮やかなオレンジ色をしていたのです(図8-8-1参照)。

 これまで種子と言えば、クヌギやシイ等の乳白色か、もしくは薄黄色のものしか見たことがありませんでした(図8-8-2参照)。ですから、こういう地味な色が普通だと思っていた私にとって、これはかなり衝撃的でした。

 もしかしたら、日本のドングリの種子が総じて淡白な色をしているだけで、外国のドングリの種子は濃厚な色彩のものが一般的なんじゃないかと思って、手元にあるレッドオークやピンオークのドングリを割って種子の色を調べてみました。ところが、結果は意に反してやや黄色味が強いものの、基本的にはこれらのドングリも日本のものと同様にあっさり系だったのです(図8-8-3参照)。

 ウォーターオークの種子の断面は、切ったばかりの柿の実の断面と色合いが良く似ています。ちょうど夕飯前に、この濃厚なオレンジ色を見つめている内に、割れた種子の瑞々しい断面から、何やらほのかに甘い香りが漂ってきました。“ もしかすると、これって食べれるのかも? ” と思って、ペロリとひと舐めした瞬間、渋柿のような苦みが口中に走り、思わず唾を吐き出してしまいました。色は鮮やかなれど、クヌギやコナラのドングリと同じで、ウォーターオークのドングリもタンニン(*)の弾丸だったのです。
 夕食後に、ウォーターオークの種子の匂いもう一度嗅いでみましたが、甘い香りなど全然しませんでした。どうやら、先程のあの感覚は空腹時の錯覚だったようです。

* タンニンは、ドングリの渋味の成分です。日本で採集出来るドングリの中で、マテバシイは多少青臭さはありますが、タンニンの含有量が極めて少ないことから、クリやシイと同様に生食出来ます。その他のドングリは、灰汁抜きをしない限り渋くて生食出来ません。