雑記072. 2011.12. 8
“ 明石公園探訪 ”
 ドングリに寄生するタマバチがキッカケで、“ 明石・神戸の虫 ときどきプランクトン ” のサイトを運営されている管理人様から、大きなアベマキの樹がたくさんあるという明石公園 [ 所在地:兵庫県明石市 (敷地面積:54.8ha) ] を紹介して頂きました。

 同園は、JR明石駅のすぐ北側に位置しており、園内にはすばらしい城壁を今に残す明石城があります。当日は訪れる人も疎らで、園内は閑散としてましたが、さくらの咲く春(さくらの名所100選の地)や行楽の秋には、さぞかし大勢の人達で賑わっていることと思います。
 京阪神にあるドングリ採集スポットには、あらかた行き尽くした感があったのですが、未だこんなにも広大ですばらしい場所が残っていたなんて、本当にびっくりしました。

 これだけ広いと、ドングリの樹を探索するのに相当な時間を要するのですが、有難いことに、(財)兵庫県園芸・公園協会が園内の詳細などんぐりマップ(*)をネットで公開してくれていたおかげで、当日は4時間程度で園内にあるほとんどのドングリの樹を見て回ることが出来ました。

 明石公園は、全域がドングリの樹で埋め尽くされていると言っても過言ではないぐらい、たくさんのドングリの樹が植栽されていました。アラカシ、シラカシ、ウバメガシ、イチイガシ、コナラ、アベマキ、クヌギ、ウラジロガシ、ツブラジイ、スダジイ、マテバシイとドングリの樹の種類も豊富ですが、とりわけアラカシ、ウバメガシ、アベマキの3種類の個体数には圧倒されました。これらは、園内の随所にあって、中には驚くほど大きくて立派なものもありました。
* 明石公園どんぐりマップ  : http://www.hyogo-park.or.jp/akashi/contents/panfu/index.html   

 さて、ここにあるドングリの樹の中で、12月の上旬に落下するものと言えばアラカシとイチイガシの2種類ですが、前者については樹木の数は多いもののドングリにはこれと言った特徴が見られず、一般によく目にする形態のものしか確認出来ませんでした。一方、後者については園内の一画に僅か数体しか植栽されていませんでしたが、その内の1体から素敵なドングリが落下しているのを見つけました(図8-72-4参照)。

 なんと、堅果の胴回りの直径が17〜18mmもある大物なんです☆これよりも高さ方向に長いドングリならしばしば目にしますが、こんなに太くてコロコロと丸い形をしたのは初めてなので、私はすっかりうれしくなってしまいました♪ こいつに出会えただけでも、寒い最中にここまで来た甲斐があったというものです。

 ドングリの種類の中で私が一番好きなアベマキについては、実りの季節(9月〜10月頃)が既に終わってましたので今回は対面することが出来ませんでしたが、これだけたくさんの樹々を目にすると、来シーズンに再訪するのが今から待ち遠しくてなりません。