雑記067. 2011.11. 5
“ 立派なチリメンガシの樹 ”
 大阪府立大学の中百舌鳥キャンパスは緑が豊かで、構内の至る所にたくさんのドングリの樹があります。種類も豊富で、ブナやミズナラを除くほとんど全ての樹木がここにあります。多くの樹の中には、京阪神の緑地や公園ではあまり目にすることがないチリメンガシ(*)もあります(図8-67-1参照)。
* チリメンガシ : 学名: Quercus phillyraeoides f. crispa 。ウバメガシの一品種。 

 正門から少し入ったところの左手に、チリメンガシが3体並んで立っていますが、1体は幹直径が30cm以上ある大きな樹です。京都御苑にもありますが、こちらの方がはるかに立派で、ほぼ毎年のようにたくさんのドングリを結実します。この日も、樹下にはたくさんのドングリが落ちていました。

 チリメンガシとウバメガシの樹は、見た目にはそっくりですが、葉っぱを見ると両者の違いがはっきりと判ります。前者は葉縁が裏面に大きく反り返って、葉身が非常に細長くなっています。それに比べて、後者は平坦か、あるいは葉縁がやや反った程度の楕円形をしています。
 もう一つ、ドングリの形状についても両者の間で微妙な違いがあります。堅果の形は正に瓜二つですが、殻斗の表面を見ると、チリメンガシのものはウバメガシよりも何となく刺々しい感じがします(図8-67-2、図8-67-3参照)。

 感覚的な殻斗の違いを具体的に表現する為に、採集した両者のドングリの殻斗を実体顕微鏡で拡大してみました(図8-67-4参照)。ウバメガシの殻斗の表面を覆っている鱗片は、全て殻斗の表面に張り付いているように見えます。ところが、チリメンガシのものは、一つ一つが浮き上がったような形をしています。また、鱗片の先端にある物体についても、ウバメガシは赤黒くて、まるで足の小指の爪の様ですが、チリメンガシのものは薄茶色で鋭い鉤爪の様な形をしています。

 構内には、ウバメガシの樹がたくさんありますが、その中に図8-67-5のような樹がありました。これは、他の場所でもしばしば目にしますが、普通のウバメガシの葉っぱよりも細長くて、葉縁も裏面側に少し反り返っているのです(図8-67-5、図8-67-6参照)。

 この樹に結実したドングリの殻斗は、見た目はチリメンガシのもののように刺々しくはありませんが、実体顕微鏡で拡大すると、個々の鱗片が微かに浮き上がっているように見えます(図8-67-7参照)。このように、両者の中間形質をもつ個体を見ると、チリメンガシがウバメガシの仲間であることがよく判ります。