雑記304. 2018. 7.12
“ カリフラワーみたいです♪ ”
 殻斗から果軸が出現する事象が実在することが確認(*)できたことで、私が今までに目撃したドングリに関係する最も奇妙な物体の正体が明らかになりました。

 図8-304-1と図8-304-2は、殻斗から明確な果軸が出現していた高塚山緑地 [ 所在地 : 兵庫県神戸市 ] のコナラで目撃したものです。この個体では、果軸と枝の機能が完全に分化していないので、普通の枝にも果軸と同様に開花します。これらの2つの奇妙な物体は、果軸というよりも枝に形成されたもので、ボコボコしたカリフラワーのような形をした幼果の集合体です。どちらも単体の殻斗で果軸と繋がっており、その殻斗から複数の幼果が溢れ出しています。
* 雑記303を参照願います。

 
 これまでは、単に珍妙な物体として片づけてきましたが、殻斗から果軸が出現する事象を考慮すれば、これらは殻斗から延伸した短い果軸に隙間なく幼果(堅果を包含するものとしないものが混在)が着いたものであることが理解できます。
 また、以前に服部緑地公園 [ 所在地 : 大阪府豊中市 ] にある特殊なコナラで目撃した、1つの殻斗から複数の幼果が溢れ出したような形態のもの(**)も、これらと全く同じものであることは言うまでもないでしょう(図8-304-3参照)。
** 雑記160を参照願います。

 私はこのHPの中で、多果ドングリについて “ 殻斗の元になる器官に咲いた複数の雌花が結実したものである ” と定義しています。複数の雌花は、全て殻斗の元になる器官に直接開花したものを想定してきましたが、殻斗の裾や殻斗から離れた堅果の表面、あるいは殻斗の内側にある小殻斗は、殻斗の元になる器官から出現した果軸を通して間接的に開花したものなので、私の想定したものとは厳密な意味で異なります。ただ、両者とも1つの殻斗の元になる器官に咲いた雌花であることに変わりはないので、間接的なものについても同じように多果ドングリの仲間として分類することにします。