雑記303. 2018. 7.10
“ 殻斗から現れた果軸 ”
 このHPでは、普段我々が目にすることがない奇妙な形をしたドングリを数多く紹介しています。それらの中で、殻斗の裾や殻斗から離れた堅果の表面、あるいは殻斗の内側にある小殻斗(*)については、これまで殻斗本体の内側にある維管束が分岐延伸した先に形成されたものであると考えてきました(図8-303-1参照)。
* これらの異形ドングリの詳細については、セクション17を参照願います。

 ところが、3年前にある個体で見つけた幼果がきっかけとなり、以降調査を続けてきた結果、これらは維管束が分岐延伸した先に形成されたものではなく、殻斗の内側から現れた果軸に形成されたものであることが明らかになりました。殻斗から果軸が出現するなんて、俄かには信じがたいかもしれませんが、百聞は一見にしかずです。まずは、一連の調査のきっかけとなったものをご覧下さい(図8-303-2参照)。

 これは服部緑地公園 [ 所在地 : 大阪府豊中市 ] のコナラで目撃したものです。このコナラは、春から秋にかけて断続的に開花を繰り返す特殊な個体で、一般にはほとんど見られない多果や両性形態の花序、花軸だけでなく普通の枝にも開花する等、原始的な形質を多分に保持しています。
 この図を見ると、堅果とは異なるものが殻斗から少し突き出して、その先に新たな殻斗と堅果があるのが判ります。これを目撃した時、もしかするとこの少し突き出した部分は果軸かもしれないと思いましたが、これをもって殻斗から果軸が現れるとするにはあまりにも不十分な状況でした。

 それから昨年までの間に、他の場所に植栽された同様の形質をもつコナラからも類似のものを3例目撃しました。それらは、図8-302-2と同様に果軸と思われる部分の長さが極端に短く、いずれも果軸と断定できるような代物ではありませんでしたが、今年に入って遂に殻斗の内側から果軸が延伸したことを示すものを高塚山緑地 [ 所在地 : 兵庫県神戸市 ] で見つけることができました(図8-303-3参照)。果軸は長さが15mmと25mmのものがあり、どちらもたくさんの幼果を着けていました。

 これにより、今まで殻斗から維管束が延伸した先に形成されたと考えてきた小殻斗が、実は殻斗から延伸した果軸に着いた幼果(堅果は退化消滅)であることが明らかになったのです☆