雑記302. 2018. 7. 6
“ マテバシイのような接合部 ”
 コナラの果軸で、変な形をした幼果を見つけました(図8-302-1参照)。普通のコナラの幼果はほぼ球形で、果軸との接点はほとんど目立ちませんが、この幼果は接着剤のようなもので果軸にベッタリと貼り付いたような感じでした。

 この個体は、春から秋にかけて断続的に開花を繰り返す特殊な個体で、多果や両性形態の花を大量に咲かせたり、花軸だけでなく新枝にも開花する等、コナラ属の原始的な形質と思われるものを多分に残しています。図8-302-1の幼果以外にもこれと似たような形態のものが、この個体で数多く見られました。

 図8-302-2は、図8-302-1の幼果を拡大したものです。普通の幼果に比べて殻斗そのものが横方向に広がっていますが、注目すべきはその下にある果軸との接合部です(図8-302-3参照)。まるで、マテバシイのような分厚い接合部で、一般のコナラ属にはまず見られない形態です。

 マテバシイのドングリが成長しても果軸と殻斗が分離せずに繋がったままなのは、たぶんこの分厚い接合部のせいでしょう。コナラ属のドングリは、マテバシイ属に比べてこの接合部が極端に薄いので、離層によって殻斗と果軸が分離しやすいのだと思います(*)
* コナラ属のドングリでも、殻斗が果軸に繋がったままの状態で落下しているものもありますが、マテバシイのものほど両者の繋がりが強固ではありません。

 これまで、果軸と殻斗の間にある厚い接合部はマテバシイ属に特有の形態であり、コナラ属には存在しないものだとばかり考えていました。でも、原始的な形質を残したコナラでこの幼果を目の当たりにした今では、コナラ属にもマテバシイ属と同じような接合形態を模索した時代が遠い昔に実在したのではないかと思えてなりません。