雑記301. 2018. 6.20
“ スプリットしているわけではありません! ”
 幼果の花柱(複合雌蕊)の脇にある、小さくて細長い髭のようなものは単一雌蕊です(図8-301-1〜2参照)。これらの幼果は一見すると単果(*)のようですが、実は複合雌蕊と単一雌蕊から成る多果なんです。
* このHPでは、殻斗の元になる器官に雌花が複数個咲いたものを多果(の雌花序)、1個だけ咲いた普通のものを単果(の雌花序)と称します。

 
 以前HPの読者の方から、これらの髭のようなものが中央にある複合雌蕊がスプリット(分裂)したものである可能性について質問を受けたことがありますが、多くの個体で現物を検分してきた私の目から見て、その可能性は低いと考えられます。

 ブナ科の植物の雌蕊は、心皮とよばれる特殊な葉(胚珠をつけた葉)が複数枚合わさって形成されています。図8-301-3は3本の花柱をもつ雌蕊の例ですが、この雌蕊は3枚の心皮が右図のような配置で合着したものです。各心皮の葉先が柱頭に、そして葉面を繋げたものが子房に相当します。

 以前、受精前のシラカシの幼果(単果)の花柱と子房の関係を調査(**)していた時、しばしば花柱の数と子室の数が一致しないことがありました。原因は、2本の花柱が合着して見た目が1本になっているか、あるいは1本の花柱がスプリットして見た目が2本になっていることにありました。そして、花柱がスプリットしたものについては、どれも心皮の葉面方向にスプリットしており、葉面に対して垂直方向にスプリットしたものは皆無でした(図8-301-4参照)。

 普通葉の場合、葉っぱを葉面に平行方向に割く(スプリット)のは簡単ですが、垂直方向に割くのはまず無理です。おそらく、雌蕊を形成する心皮についてもこれと同じことが言えるのではないでしょうか。
** セクション14を参照願います。

 スプリットの方向性に着目してあらためてこの幼果を見ると、髭のようなものの何本かが複合雌蕊の1本の花柱の外側に位置している(図8-301-5 赤矢印で指示したものを参照)ことから、これらは複合雌蕊がスプリットしたものではなく、複合複合雌蕊に隣接した単一雌蕊と考えられます。
 一方、複合雌蕊の2本の花柱の間にあるもの(図8-301-5 赤矢印で指示してないものを参照)については、単一雌蕊とスプリットした複合雌蕊の両方の可能性がありますが、花柱の外側に位置しているものと形態が酷似していることから、これらも単一雌蕊である可能性の方がより高いと私は考えています。