雑記294. 2018. 4.23
“ 二度ならず、三度、四度と... ”
 一般に、マテバシイの花期は5〜6月頃です。でも、9〜11月頃にもう一度花を咲かせる個体が少なからずあります(*)。マテバシイの花軸(果軸)は、枝の伸長方向にある一箇所からまとめて立ち上がります(図8-294-1参照)。ですから、5〜6月頃に開花した後、再度9〜11月頃に開花した個体では、その間に伸長した枝を挟んで上下2箇所に花軸(果軸)が存在します(図8-294-2参照)。このように、直接開花の様子を目にしなくても、枝から伸びる花軸(果軸)の位置関係を見れば、その個体の一年を通しての開花状況を知ることができます。
* セクション22を参照願います。


 これまで、マテバシイの開花は年に二度が上限だと思っていたのですが、先日高塚山緑地 [ 所在地 : 兵庫県神戸市 ] で二度ならず三度、四度と開花を繰り返していた個体を見つけました(図8-294-3参照)。

 この個体は、昨年の6月上旬(図8-294-3の右側の果軸)と9月中旬(図8-294-4の1番の果軸)に開花していたのを目撃しましたが、9月に開花してから伸長した枝を見ると、さらに二度に亘って開花を繰り返していたことが判りました(図8-294-4の2番、3番の果軸参照)。

 1番と2番の果軸にある幼果を見ると形態が酷似していることから、これらは比較的短い期間で連続して開花したものと思われます。ですが、3番の果軸にある幼果は前二者とかなり形態が異なるので、2番が開花してからある程度期間をおいてから開花したものと思われます。

 9月以降の開花が一度きりではないようなので、これまで京阪神の各地で撮影してきた9月以降に開花したマテバシイの花軸(果軸)の写真を精査してみました。すると、同様に複数回開花したと思われる写真が幾つか見つかりました。

 一例として、図8-294-5に山田池公園 [ 所在地 : 大阪府枚方市 ] で撮影したものを紹介します。図中の黄色の丸で囲んだ果軸の根元から伸長した枝の先に青色の丸、さらにそこから伸長した枝の先に赤色の丸で囲んだ果軸があります。黄色、青色、赤色の丸で囲んだ果軸の順に、そこに着果した幼果のサイズが微妙に小さくなっていることから、少しづつ時期をずらしながら開花を繰り返したものと思われます。

 今後詳しく調べてみるつもりですが、マテバシイに見られる9月以降の連続的な開花は、おそらくシイ属(スダジイ、ツブラジイ)にも共通した事象であることが予想されます。