雑記283. 2017.10.30
“ ホラーなどんぐり ”
 明日はハロウィンですね!そこで今回は、ちょっとホラーなドングリたちを紹介したいと思いま〜す♪

 先日、ドングリ探検隊員とドングリ拾いをした掖谷公園 [ 所在地 : 兵庫県神戸市 ] で、巨弾ドングリをたくさん落としていたクヌギのそばに、捻じれた堅果が殻斗の内側に貼り付いたドングリを、これまたたくさん落していたクヌギがありました(図8-283-1参照)。これらのドングリは、私が大好きな変形ドングリ “ 変形くん
(*) ” です☆
  * 変形ドングリ “ 変形くん ” については、セクション3-2を参照願います。

 この個体の変形くんは、首の周囲にま〜るく微毛が密生しており、まるで堅果の表面に目玉があるかのように見えます(図8-283-2参照)。

 実はこのドングリ、殻斗から取り出した堅果だけを見ても全然ホラーではありませんが、元々の殻斗が着いた堅果をある方向から見ると、一つ目小僧に見えちゃうんです〜♪

 図8-283-3に、殻斗の形態が異なるいろんな一つ目小僧を集めてみました!髪の毛のように見える殻斗の下から、こちらをじっと見つめる1つの目玉があるのがお分かり頂けますでしょうか?


 
 “ これじゃあ可愛すぎて、あまりホラーな感じがしないぞ〜!” とおっしゃる方のために、サイドメニューもご用意しました(図8-283-4参照)。

 図8-283-3と同じ一つ目小僧ですが、果皮に大きなキズがあるだけでかなりホラー度がアップします。さしずめ、両者の違いを音楽に例えるなら、“ カントリー ” と “ ヘヴィメタル ” ってところでしょうか?勿論、後者がグロテスクバージョンであることは、敢えて言うまでもないでしょう。因みに、これらのキズは殻斗の元になる器官に咲いた複数の雌花の一部が、ドングリが成長する過程で退化消滅したことによって生じたものです
(*)


 今回は、少しおちゃらけた内容になってしまいましたが、おちゃらけついでにもう一つ、私のホラーな作品もご紹介しておきます(図8-283-5参照)。作品と言っても、同じような形をしたシラカシの2果のドングリを3つ並べただけのものですが、ブラックでコミカルな雰囲気が自分ではとても気に入ってま〜す☆☆