雑記018. 2010. 1.17
“ ドングリの種皮ってどの部分なの? ”
 堅果をナイフで真っ二つに切断すると、種子とドングリの殻の間に、薄い茶色の皮や細かい毛のようなものがあるのが判ります(図8-18-1参照)。この中で、種子を被覆している種皮と呼ばれるものは、たぶん種子に密着している1枚の薄い茶色の皮の事だと思うのですが、“ 花からたねへ(小林正明著 全国農村教育協会出版)” という本を読んでから単純にそう考えていいものかどうか判らなくなってしまいました。
 今回は、ドングリの内部構造を詳しく調べることで、種皮と果皮を明確に区別してみたいと思います。

 その本を読むまでは、種皮は読んで字の如く皮ですから、種子に貼り付いている茶色い皮だけが種皮であって、図8-18-1にある毛のようなもの[ 図中(b) ] や、それに付随する層状組織 [ 図中(c) ] は果皮の一部だと考えていました。

 ところが、この本には雌花を構成するパーツを変化させることで、種子を遠方まで運ぶのに少しでも有利な構造を作り出していることが詳しく図解しており、その中に “ ガガイモは種皮の一部をフサフサとした毛に変えて、風の力を利用して効果的な散布を行う ” という記載がありました。
 私が問題にしていることと、本に書かれている内容とは若干異なるかもしれませんが、種皮の外側を覆っている毛の様なものや層状組織が、何がしかの目的をもって、種皮が変化した組織の一部でないとは言い切れません。

 そこで、私なりに種皮と果皮の区別を明確にする方法が無いものか思案した結果、1ついいアイデアを思いつきました。普通、堅果の内部では果皮と種皮がほぼ一体化しているので、それらを見ただけでは両者を区別することはできません。ですが、もし仮に果皮と種皮が完全に分離している箇所が堅果の内部にあれば、その部分を調べることで両者を区別することは可能です。果して、そんな都合のいい部分が堅果の内部にあるのでしょうか?

 実はあったんです!勿論、普通のドングリではありません。図8-18-3をご覧下さい。これらは、堅果の中に2個の種子が入ったドングリです。通常、1個の堅果には1個の種子しか入っていませんが、稀に2個の胚珠が同時に成長して、このような2個の種子が入ったドングリが誕生するのです(*)。この図にある堅果が破裂しているのは、本来1個の種子しか包含出来ないところに、2個の種子を無理やり包含しているので、膨張した種子によって果皮が裂けてしまったのでしょう。
 この堅果の中にある2個の種子も、普通のドングリの種子と同じ様に、各々が種皮で覆われていますが、種子と種子が接する部分には種皮しか存在しませんので、この部分を調べれば種皮と果皮を区別出来るというわけです。

 2個の種子を丁寧に取り除いて、間にある種皮を観察してみたところ、茶色い皮があるだけで毛などは一切含まれていませんでした(図8-18-5参照)。結論として、図8-18-1の(a)に見られる茶色い皮だけが種皮であり、(b)の細かい毛やそれらを被覆する(c)の層状組織は、果皮の一部という事になります。これですっきりしました☆

 本件は、恐らく植物学の世界では自明の事柄なのかもしれませんが、そういう予備知識を持たないで自力で謎解きするのって結構楽しいんですよね〜♪
 ドングリに興味を持ち始めた頃は、色々な形態のドングリを採集することだけに注力していたのですが、最近ではドングリを通して色々な思考実験や検証実験をすることの方に、興味の対象が移行しつつあります。
* 2種子のドングリについては、セクション6-3を参照願います。