雑記177. 2014.10.31
“ 辛うじて残ったもう1つの堅果 ”
 変形ドングリ “ 変形くん ” (*)は、殻斗の元になる器官に咲いた複数個の雌花の内、1個を除く全てが退化消滅して、残った1個が結実したものです。因みに、退化消滅するのは肉眼では到底判別出来ないぐらい極微な単一雌蕊をもつ雌花だと私は推測しています。この仮説を構築するのに必要な個々の事象については、このHPの中で物的証拠を提示してきましたが、想定している単一雌蕊があまりにも小さいので、それが消滅した雌花序が変形くんになることを証明するのは容易ではありません(**)

 そこで、 現段階では仮説を少しでも真実に近づけるために、多くの樹種を対象にして変形くんに残された多果の痕跡をデータとして積み重ねていく作業を進めています。今回、港湾緑地南公園 [ 所在地 : 兵庫県神戸市 ] に植栽されたウバメガシから、仮説を立証するのに有効なデータを取得することが出来ました。
  * セクション3-2を参照願います。
** 雑記158、162を参照願います。

 同園にはたくさんのウバメガシが植栽されていますが、その中の1体に図8-177-1にあるような変形くんを大量に結実しているものがありました。それらを1つ1つ丹念にチェックした結果、殻斗に亀裂が入ったところに、もう1つの小さな堅果が残存した2果のドングリを見つけました(図8-177-2参照)。

 堅果(堅果1)の形態は変形くんに酷似してますが、殻斗の内側には離層の痕跡の一部が延伸した先に、独立した緑色の小さな堅果(堅果2)がありました。このドングリの場合は、殻斗の外側に小さな堅果の一部が露出していたので、すぐに2果のドングリであることが判りましたが、中には小さな堅果が殻斗の内側に隠れて外からは見えないものもありました(図8-177-4参照)。

 これらのドングリを見ていると、2果のドングリと変形くんの違いは、もう1つの小さな堅果が存在するか否かだけであり、本質的に両者は、殻斗の元になる器官に咲いた2個の雌花をもつ雌花序が成長した別の姿である可能性が高いと考えられます。

 話は変わりますが、この個体には図8-177-5の様に殻斗が異様に変形したドングリが幾つか見られました。それらのドングリから取り外した殻斗の内側をよく見ると、殻斗の変形箇所に近い部分に、もう1個の小さな堅果があるものが見つかりました(図8-177-6参照)。

 以前、殻斗の輪が分断する要因の一つとして、多果の発現が関与していることを報告しました(***)が、図8-177-6にある異様な形態の殻斗についても、同じように多果の発現が関与しているのかもしれません。

*** 雑記151を参照願います。