雑記015. 2009.12.25
“ Type15の殻斗を求めて 〜 多果ドングリの殻斗採集記 〜 ”
 私はドングリの中でも、とりわけ1つの殻斗の中に複数個の堅果をもつ多果ドングリの多様な形態に興味があります。そもそも、多果ドングリの形態に興味をもつようになったきっかけは、自宅の近くにある深田公園 [ 兵庫県三田市 ] にある1本のシラカシとの出会いにあります。

 シラカシは他のドングリの樹に比べて、明らかに多果を発現する頻度が高く、これまでに京阪神の随所で2果や3果のドングリをしばしば目撃してきました。しかしながら、多くのシラカシに結実する多果ドングリは、殻斗の形態にこれといった特徴が見られず、2果と3果を併せても、せいぜい5〜6種類程度のバリエーションしか見たことがありませんでした。
 この程度であれば、特に私の興味をひくことは無かったのですが、2006年の秋に深田公園のシラカシに出会った瞬間から、多果ドングリの殻斗がもつ形態の多様性にすっかり心を奪われてしまったのです。

 この個体は、2006年に大量の多果を発現したのですが、驚くのはその数量だけではありませんでした。2果、3果のいずれのドングリも、その殻斗の形態が驚くほど多様だったのです。これらの実物をセクション3-1-3に掲載していますので、一度ご覧になってみて下さい。

 その年に採集した殻斗を分類整理した結果、2果の殻斗だけで5種類のバリエーションがあることが判りました。但し、3果の殻斗については、そのバリエーションが格段に多いことから、2006年に採集した分だけでは、予想される全てのバリエーションを確認するまでには至りませんでした。

 ここで、予想される3果のドングリの殻斗の形態と、これまでに採集した数量を一覧表にまとめたものを表8-15-1に示す形態の略式記号を使って表8-15-2にまとめます。この略称記号について簡単に説明すると、紫色、もしくは緑色の楕円形は単果の殻斗1つ分の大きさに相当し、紫色のものは複数の殻斗が一体化していること(統合型殻斗)、そして緑色のものについては各々の殻斗が独立していること(分離型殻斗)を表しています。楕円形の大小は殻斗の大きさに対応してます。また、L型のヒゲのようなもの(*)は堅果を包含しない紐状の殻斗を表しています。
* L型のヒゲの様な殻斗が、堅果を包含する為に形成されたものである証拠については、雑記130を参照願います。

 この表を見ると、2006年だけで3果の殻斗が少なくとも176個は落下し、それらの中に14種類の異なる形態が存在することが判ります。そして、これらの形態を分析した結果、もう1つType15の様な形をしたものが存在することが予想されました。しかしながら、その翌年から2008年に至るまでの2年間は、全く多果が発現しなかったので、調査はすっかり頓挫してしまい、私の高揚した気持ちもすっかり萎みかけていました。

 そんな状況下で迎えた2009年。10月下旬にこの個体を観察したところ、2006年ほどではありませんが多果の発現が確認出来ました。そこで、ドングリの落下が始まる11月末日からは、連日、日の出と共に箒を持参して深田公園に通いつめました。
 えっ?!何で箒なんか持って行くのかって??それは、前日に落下したものの中から多果ドングリだけを採集して、それ以外のものを樹下から全て排除してしまう為です。そうしないと、樹下に累積した大量のドングリを毎日全てチェックしなければならないので、それらの仕分けに相当な時間を要するからです。

 特に、Type15の様に、見た目は単果の殻斗とほとんど変わらない形状のものを1個1個手にとって識別するには、相当な時間と集中力が要求されます(最近やや老眼気味なので、この作業は骨が折れます)。しかも、六甲山の北側に位置する三田市は、この時期の早朝の寒さは半端ではありませんから、出来る限り短時間で作業を済ませるにこした事はありません。
 公園を散歩している一般の方々の目から見て、毎日早朝から通路でもない所を箒で掃き清めている私の姿は、さぞかし滑稽に映ったことでしょう。でもその甲斐あって、探索開始から約1ヶ月が経過した12月22日に、漸くType15の殻斗を1つゲットしました(図8-15-2参照)。
 想像していたType15の殻斗が実在することを確認できただけでも満足なのに、実物を入手できるなんて、これはもう奇跡としか言いようがありません♪ ドングリの神様に、感謝! 感謝!!感謝!!!であります。

 今なお樹上にはたくさんのドングリが残っています。今年は、その大半が2果で、3果の殻斗は現時点で僅かに9個しか採集出来ていませんが、数少ない3果の殻斗の中に、極めて発生頻度が低いと思われるType15の殻斗が入っていたなんて、これはもう奇跡としか言いようがありません♪ ドングリの神様に、感謝! 感謝!!感謝!!!であります。