雑記147. 2013.11.15
“ 重厚な殻斗 ”
 兵庫県三田市にある平谷川緑地は、平谷川に沿って約2kmに亘って造成された人工的な緑地です。川沿いには、アラカシ、シラカシ、マテバシイ、ウバメガシ、クヌギ、アベマキ、コナラ、クリ等のドングリの樹が植栽されており、毎年たくさんのドングリを結実します。

 先日訪れた時、ウバメガシのドングリの落下が丁度ピークを迎えていましたが、それらの中にかなり重厚な殻斗をもつドングリを結実している個体を見つけました(図8-147-2参照)。

** 詳細については、セクション16-2を参照願います。
 ウバメガシの殻斗は、図8-147-3の(a)のように浅くて薄っぺらなものが一般的です。中には、図8-147-3の(b)のように深くて多少肉厚なものもありますが、それでも殻斗の傾斜部分における厚みは1.0mmからせいぜい1.5mmまでで、裾部分に至っては0.5mmもありません。
 ところが、今回見つけた図8-147-3の(c)の殻斗は、表面がゴツゴツしており、まるでナラガシワの殻斗のように頑丈です。殻斗の厚みは、傾斜部分が約2mm、裾部分が1mm以上もあります。

 この重厚な殻斗に包まれたドングリを大量に採集してきたのですが、堅果の形状は花柱を貫く高さ方向の軸に対してほぼ回転対象であり、ウバメガシの堅果によく見られる歪な形のものはほとんど見られませんでした(図8-147-4参照)。
 ドングリの殻斗には、堅果に養分を輸送したり、虫食害を防止する以外に、堅果を整形するという重要な役割があるのですが、このドングリを見ていると、肉厚で深い殻斗ほどその効果が高いことがよく判ります
(*)
* 殻斗の形状が堅果に及ぼす影響については、セクション3-2-3-3を参照願います。