雑記134. 2013. 9.21
“ ウバメガシでも見つけました☆ ”
 コナラ亜属のドングリの中で、外国産のレッドオークについては頻繁に多果ドングリを見かけるんですが、コナラやクヌギと言った国産のものではアベマキの多果の殻斗(*)を除くと、これまでに完全な形のもの(殻斗と堅果がペアのもの)には一度もお目にかかったことがありませんでした。
 ところが、先日訪れた明石公園 [ 所在地 : 兵庫県明石市 ] で、国内産のコナラ亜属の代表とも言えるウバメガシの多果に、ようやく巡り会うことが出来たのです♪♪
 * これまで見つけた多果ドングリについては、セクション3-1-2を参照願います。

 明石公園では、園内全域にたくさんのウバメガシが植栽されています。その中にある1体に、1つの殻斗が合着した2個の堅果を包含した2果のドングリがありました(図8-134-2参照)。

 ここで採集すべきかどうか迷ったのですが、殻斗は重厚で果軸との接続部分もしっかりしているようなので、もう少し大きくなるまで待つことにしました。園内のウバメガシは11月の上旬〜中旬にかけて成熟するので、このまま順調に育てば、10月の中頃には成熟体と同じぐらいの大きさにまで成長するはずです。
 勿論、それまでに何回か足を運んで安否を確認するつもりですが、無事に採集出来るかどうかとても心配です。