雑記001. 2009.11. 1
“ アベマキの多果ドングリの痕跡を発見! ”
 このホームページをご覧になられた方は、私が多果ドングリ(*) [1つの殻斗に複数個の堅果が入ったドングリ ] に対して深い関心を寄せていることにお気づきかと思います。ドングリに興味を持ち始めた頃には、全く意識していなかったのですが、採集年数を重ねる毎に、様々な種類のドングリで多果形態のものを発見することに、喜びを感じるようになりました。

 セクション3-1でもふれましたが、シラカシ、ツクバネガシ(アカガシ)、シイについては、これまで比較的容易に多果ドングリを発見出来たのですが、それ以外の種類のものになると、数年かかっても1個見つかるかどうかといった状況です。中でも、コナラ亜属に属するクヌギ、アベマキ、コナラと言った種類は、京阪神でも随所にたくさん植栽されており、シーズンともなれば、ほぼ毎日のようにこれらのドングリと対面する機会があるにも関わらず、全くと言っていい程、多果ドングリを目にすることはありませんでした。そんな訳で、これらの種類については縁が無いものと、すっかり諦めていたのですが、最近この状況に少しばかり好転の兆しが見えてきました。

 実は、HPには掲載していませんでしたが、昨年に続き、今年も多果の痕跡があるアベマキの殻斗を見つけたのです。図8-1-1に、その写真をお見せします。これらは、何れも同じアベマキから採集したものです。写真でははっきりしないかもしれませんが、殻斗の内側に離層の痕跡が2つあり、それらが交わった部分を基軸にして、殻斗が外側に向かって湾曲しています。

 これには、間違いなく2つの堅果が包まれていたと思うのですが、残念なことに樹下を隈なく探しても、2果の堅果はどこにも見当たりませんでした。このアベマキは、比較的人通りの少ない場所にあるのですが、偶々通りがかった人が2果のドングリを見て、物珍しいので拾っていったか、あるいは、2つの堅果が合着していない形態
(*)だった為、落下の際に2つに分裂してしまって、それ以外にたくさん落ちている堅果と見分けがつかなくなっているだけなのかもしれません。
 いずれにせよ、多果ドングリの獲得まで後一歩のところまで来ていながら、何とも悔しい限りです。
* 多果ドングリについては、セクション3-1-1を参照願います。